【SEOとSNS】ブログで集客する為の2本柱を解説します。

アイキャッチ

ジュニア君

記事書いても誰も読んでくれない
ブログの集客ってどうやるの?
何を使えばいいの?

こんな疑問に答えます。


この記事でわかること
・ブログで集客する方法2つ
・集客する記事の書き方



この記事を読めば、ブログにアクセスを集めながらリピーターを得られる記事を書いて行けるようになります。


集客出来ているブログはこの方法を上手に使っているブログが多いので是非、読んで行ってください。


どんなに多くの記事を書いても、集客できる仕組みと書き方がわかっていなければ、努力が無駄になってしまいます。


多くの人に記事を読んでもらいたい方や収益化を目的としている方には特におすすめの記事となっています。


ブログで集客する為の2本柱

アイキャッチ

ブログで集客する方法は大きく2つあります。

・SEO(検索エンジン最適化)
・SNS流入(口コミ)

1つずつ解説します。


SEO(検索エンジン最適化)

1つ目は検索からの集客です。ユーザーが記事へたどり着けるようにクエリ(検索窓に打ち込む言葉)をキーワードにしてタイトルを決めましょう。


なぜなら、記事をクリックするかはタイトルで決まるからです。


自分が知りたい情報が書いてありそうと思わなければ素通りされてしまいます。

SNS流入(口コミ)

2つ目はSNSからの流入です。ツイッターやライン、フェイスブック等に記事リンクを作り、そこから直接記事にアクセスしてもらう方法です。

検索で上位表示出来ていない記事へアクセスしてもらえるメリットがありますが、ある程度のフォローや友達がいないとアクセスを集められません。


頻繁にSNSで発信して多くの人と繋がりを作っていく必要があります。


SEOとSNSはどちらも重要で集客の大きな柱です。しかし、リピーターになってもらったり記事を最後まで読んでもらえなければ、せっかくの集客も無駄になってしまいます。


集客を無駄にしない為にはユーザーを満足させて役に立つ必要があります。


訪れた客を満足させて役に立つ

ユーザーを満足させるために次の3つを意識しましょう。

・どんな悩みを解決するか
・読めばどんな未来が待っているか
・誰に向けて書いているのか

1つずつ解説します。


どんな悩みを解決するか

まずはどんな悩みを解決するかを説明しましょう。内容はユーザーが求めている情報です。


なぜなら、ユーザーは悩みが解決するかわからない記事なら離脱して違う記事を探すからです。初めに自分の悩みについて書かれていると分かれば続きを読んでくれます。


なのでキーワードからどんな悩みを持って検索したかユーザー目線で考えましょう。


例えば、キーワードが『マラソン 体力 つけ方』の場合はどんな悩みがあると思いますか?マラソン大会に向けてトレーニングしているけど、効率的な方法がわからない。


こんな悩みだろうと予想出来ますよね。すでにトレーニングしていて結果が出ていないユーザーなので初心者~中級者だと考えます。


その人に向けてすぐに実践でき、効果がある内容を伝えることにします。


イメージは、『すぐに実践できる効率の良いトレーニングと呼吸法を紹介します。』のように初めに説明しましょう。


しかし、これだけでは読みたいと思ってもらえません。悩みを解決してどんな良い事が起こるのか、ユーザーにイメージしてもらう必要があります。そうすることで内容を知りたいと感じてもらえます。


読めばどんな未来が待っているか

未来をイメージ出来るように、この記事を読めばどうなるのか説明しましょう。


先程の例で言えば、『正しいトレーニング方法と呼吸法がわかるようになるので体力が向上しているのを実感出来るようになります。』と伝えましょう。


この未来を手に入れたいと考えている人は見てくれますが、すでに分かっている人や自分に役に立つかわからない人は見てくれません。


そこで、誰に向けて書いているのか明らかにしておいた方がいいです。自分のために書いてあると思えば、読む気になりますよね?


誰に向けて書いているのか

記事を書く時に大事なのは、誰のために書いているのブロガー自身が意識することです。


自分が伝えたい人を1人だけイメージして書くことで、より具体的に伝えられます。


1人が知りたいことは他にも知りたい人が大勢いるので、結果的に多くの人の役に立てます。


誰が書いているのか明らかにする

誰が書いているか明らかにする時は次の3つを意識します。

・どの目線で書いているか
・内容にこだわる
・特徴を出して独自の体験を語る

1つずつ解説します。


どの目線で書いているか

自分がどんな人でどんな立場から書いているか明らかにしましょう。これが無いと読者は安心して読めません。


スポーツで力を大切にしてトレーニングしてる人なのか、スピードを重視してトレーニングしてる人かで同じカテゴリーの選手でも考え方は異なります。


何の専門家か分かれば一般的な考え方で無くても、そういう考え方もあると理解してもらえます。


せっかく自分の考えを伝えても、『この人何言ってるんだろう?参考にならない』と思われれば、読者は離れて行ってしまいます。

内容にこだわる

記事内容は出来る限り詳しく書きましょう。簡単な記事をたくさん書くよりも質の良い記事を少しずつ増やすほうがアクセスが集まります。


なぜなら、詳しく書いてある記事を読めば他の記事も読もうと思うからです。


その結果、ブックマークしてくれたり、リピーターになってくれる可能性が高まります。


特徴を出して独自の体験を語る

記事の中に自分の体験を入れて、他の人には書けない記事にしましょう。そうすることで、世界で1つだけのブログになって差別化出来るからです。


誰でも書ける同じ内容の記事ではファンを獲得するのは難しいです。


記事が読者に届いて役に立てたとして、集客しても読者にどんな行動を取ってもらいたいか書かなければ収益化もリピーター獲得も出来ません。


どんな行動を取ってもらいたいか

広告のあるページを見て欲しいやSNSでフォローして欲しいなど、読んだ後に取ってもらいたい行動を伝えましょう。


YouTubeでチャンネル登録お願いします。って言うあれです。


まとめ

・集客はSEOとSNS
・ユーザーの悩みを解決する
・良い未来をイメージさせる
・誰に向けて書くのか意識する
・読んだ後の行動を伝える

収益化するには多くの集客が出来るかどうかで決まります。


簡単に出来ることではないですが、正しい努力を積み重ねることで誰でも達成可能なので一緒に頑張っていきましょう。


今回は以上です。良ければ他の記事も読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です