ブログのカテゴリー分け 基準と注意点を解説

アイキャッチ

ジュニア君

カテゴリーって分けた方がいいの?
何の為にあるのかわからない。
 
こんな疑問に答えます。
 
 
カテゴリーを分けると読者が必要としている記事を探す際、見つけやすくなります。クローラーも記事を認識しやすいです。
 
 
カテゴリーを分けると記事のクリック率を高め、SEOにも効果があります。
 
 
この記事を読めば、カテゴリーの分け方の基準と注意点がわかります。自分のブログに合ったカテゴリー分けが出来るようになりますよ。
 
 
収益化している多くのブログも実践しているので、必ずカテゴリー分けを行ってください。
 
 
カテゴリー分けのみの効果とは言えませんが、私もカテゴリー分けをすることで、関連記事へのアクセスが増えるようになりました。
 
 
まだカテゴリー分けをしていない方や、何となくカテゴリー分けを行っている方には特におすすめの記事となっています。
 
 

カテゴリーとは

アイキャッチ
カテゴリーとは同じ分類やジャンルのことです。階層別に分ける事が出来るようになってます。
 
 
上から親カテゴリー、子カテゴリー、孫カテゴリーの順に設定出来ます。カテゴリー分けで起こるメリットは下記の通りです。
 

・ユーザーが記事を見つけやすくなる
・クローラーが記事をみつけやすくなる
 

ユーザーが記事を見つけやすくなる

ユーザーが記事を探す際、数が多いほど探すのが困難です。カテゴリー分けをしていなければ必要な記事を見つけて読んでもらうことが出来ません。
 
 
なぜなら、探すのに時間が掛かると思えばユーザーはブログから簡単に離脱してしまうからです。
 
 
例えば、ゲームの攻略記事を探しているユーザーがいたとします。途中でブログの書き方の記事が多く出て来たら、探しにくいと思いませんか?
 
 
記事は公開順に並ぶのでいろんなジャンルの記事がバラバラに表示されます。カテゴリー分けしておけば関連記事のみを探してもらえます。
 
 
目的の記事はもちろん、関連記事も読んでもらえる可能性が出てくるのでカテゴリー分けは重要です。
 
 

クローラーが記事を見つけやすい

グーグルはウェブクローラーというソフトウェアを使用して記事を巡回しています。
 
 
カテゴリー分けをしておく事でクローラーに認識してもらいやすくなります。
 
 
ユーザーにとって探しやすい記事の方が検索上位に表示されるのでSEO効果も期待できます。
 
 

カテゴリー分けの基準

アイキャッチ
カテゴリー分けの基準は以下を参考にしてください。
 

・キーワードで分ける
・読者目線で分ける
 
1つずつ解説します。
 
 

キーワードで分ける

1つ目はキーワードで分ける方法です。
 
 
キーワードはビッグワードとロングテールワードに分けられます。これをカテゴリーにします。
 
 
例えば、『ブログ』のようなビッグワードで上位表示を狙う場合は『ブログ 書き方』や『ブログ 収益化』などのロングテールワードを複数書いて上位表示を狙いますよね?
 
 
同じようにカテゴリーでは『ブログ』を親カテゴリー、『ブログ 書き方』や『ブログ 収益化』が子カテゴリーとなります。
 
 
また、『ブログ 書き方 〇〇』のような記事を孫カテゴリーに入れます。
 
 

読者目線で分ける

2つ目は読者目線で分ける方法です。
 
 
自分で読者の立場に立って考えましょう。カテゴリーを見て自分の調べたい記事がどのカテゴリーにあるのか、分かるようにしておかなければいけません。
 
 
読者が記事を探しにくければ、カテゴリーを設定する意味が無いからです。
 
 
ユーザーが『ブログのリード文の書き方が知りたい』と思ったら
 

カテゴリー
ブログ(親カテゴリー)

書き方(子カテゴリー)
 
上記のように大きい括りから小さい括りへ探していきます。リード文の書き方は子カテゴリーの中にあると思いますよね?
 
 
本文の書き方を調べたければ、同じ『書き方』である子カテゴリーの中から探すはずです。
 
 
もし、『本文の書き方』と言う子カテゴリーがあったらどうでしょう?同じ書き方なのに子カテゴリーが分かれているとユーザーは混乱してしまいます。
 
 
上記のことから、読者の立場に立って階層を意識したカテゴリーを設定しましょう。
 
 

カテゴリー分けの注意点

アイキャッチ
カテゴリー分けの注意点は以下の通りです。
 

・予め決めておく
・増やし過ぎない
・絞り過ぎない
 
1つずつ見ていきます。
 
 

予め決めておく

カテゴリーは予め決めておきましょう。
 
 
カテゴリーを後で変更するとアドレスが変わって評価が1からになってしまったり、リンクが切れてしまったりするからです。
 
 
もし、変更したい場合はリダイレクトするかカテゴリー変更でもアドレスが変わらないように設定しておきましょう。
 
 

増やし過ぎない

カテゴリーを増やし過ぎるのはやめましょう。
 
 
増やし過ぎると1つのカテゴリーの記事数が少なくなって、質が落ちてしまいます。何より見にくくなってしまいます。
 
 
カテゴリーの記事数が少なくなり過ぎないようにカテゴリーを設定しましょう。
 
 

絞り過ぎない

カテゴリーを絞り過ぎるのはやめましょう。
 
 
なぜなら、カテゴリーを絞り過ぎると該当する記事が1つしかない。そんな構造になってしまいます。
 
 
これではカテゴリーを増やすしかなく、質の低いブログになってしまいます。
 
 
カテゴリー内にある程度の記事が確保出来るような設定にしておきましょう。
 
 

まとめ

アイキャッチ

・ユーザーの為にカテゴリーを設定する
・階層構造を考える
・カテゴリーは予め決めておく
・カテゴリーを増やし過ぎない
・カテゴリーを絞りすぎない
 
カテゴリーを分ける事でユーザビリティが向上し、SEOにも効果があります。
 
 
カテゴリーを設定してブログをレベルアップさせましょう。
 
 
今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です