キーワード調べはラッコキーワード(旧関連キーワードツール)すぐ使えるように解説します

ジュニア君

キーワードが思いつかない
知る方法ないの?

こんな疑問に答えます。

この記事でわかること
・ラッコキーワードの使い方
・ラッコキーワードで出来ること

この記事を読めば、ラッコキーワードの使い方と出来ることが分かります。記事を書きたくてもキーワードが思いつかずに困っていませんか?


そんな方はラッコキーワードを使って解決しましょう。完全無料で使えますので是非、利用してみてください。


ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードの使い方は簡単です。まずサイトにアクセスして検索窓に検索したいキーワードを入れて虫眼鏡ボタンを押すだけです。



ラッコキーワードで出来ること

ラッコキーワードで出来ることは以下の通りです。

・サジェストの表示
・Q&Aの表示
・Googleトレンドの表示

1つずつ解説します。


サジェストの表示

サジェストとは検索候補のことです。検索数の多いワードから50音順のキーワードまで表示してくれます。

下にスクロールすると50音順に並んでいます。


キーワードコピー

全キーワードコピーでコピー出来ます。キーワードプランナーに貼り付ける時に便利です。




CSVダウンロード

CSVダウンロードでエクセルシートに出力することが出来ます。

エクセルシートで出力されます。


サジェストのサジェスト

サジェストのサジェストを調べることが出来ます。ビッグワードからロングテールワードまで調べて行けます。

赤で囲った記号をクリックします。


検索ワードが変化して、サジェストのサジェストが表示されます。


Google検索結果

実際にGoogleで検索した結果を表示してくれます。

キーワードか赤で囲った記号をクリックします。


Googleの検索結果が表示されます。


Q&Aの表示

Q&Aでは実際の質問が表示されるので、具体的な悩みを知ることが出来ます。


読者のニーズがわかるので、執筆にとても役立ちます。

・Yahoo!知恵袋
・教えて!goo

上記2種類が表示されます。


どちらも検索ではわからなかった内容を質問出来るようになっているため、記事の中にその内容を入れておけば、他の記事よりも詳しい記事になります。




Googleトレンド

WEB検索を過去12か月と5年で表示してくれます。


1週間毎に最も検索されている週を100として、どの期間が多く検索されているか知れます。


検索数が多くても一時的なものなのか、常に安定して検索されているのかが、視覚的に分かります。




検索数を無制限に

ラッコキーワードは1日の検索上限が20になってます。会員登録すると検索数に上限が無くなります。


会員登録は新規登録からメールアドレスを記入し、利用規約に同意するにチェックを入れて登録するだけです。

新規登録をクリックします。


メールアドレスを入力し、利用規約に同意して登録しましょう。


まとめ

・キーワードを取得出来る
・Q&Aが取得出来る
・検索トレンドが取得出来る ・登録で検索ワードが無制限に

ブログにはキーワード選定が欠かせないので、ラッコキーワードを活用してアクセスのあるブログを作って行きましょう。


参考になれば他の記事も読んでください。


今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です