ファンがいないとPVは増えない?プロフィールの重要性と書き方

アイキャッチ

ジュニア君

プロフィールって何で書くの?
何を書けばいいの?
書き方を知りたい

こんな疑問に答えます。

この記事でわかること
プロフィールを書く意味
読者を聞きつける方法
プロフィールの書き方

この記事を読めば、ファンを作って、リピーターになってもらうプロフィールが書けるようになります。


ファンの多いブログはプロフィールをしっかり書いていて、ブロガー自身の事がよくわかるとても魅力的なプロフィールになっています。


情報が溢れている今、プロフィールで自分をアピールしてファン作りをしないのは勿体無いです。


プロフィールをまだ書いていない方やとりあえずプロフィールを書いているだけの方には特におすすめの記事となっています。


プロフィールの役割

プロフィールの役割は次の2つです。

ファンを作るための記事
ブログ以外も繋がりを持てる

1つずつ解説します。


ファンを作るための記事

プロフィール記事を書く事でファンを作ることが出来ます。


通常の記事では読者は悩みを解決するために記事を読みますが、プロフィールは筆者が何者か知るために見るからです。


何者か知って興味を持ってもらえれば、直接ブログにアクセスしてもらいやすくなりますし、ブログ以外で繋がりを持つ機会になります。


ブログ以外も繋がりを持てる

ブログ以外の繋がりは主にSNSとなりますが、SNSで繋がれば上位表示出来ていない記事にもSNSを通して直接アクセスしてもらえます。


しかし、本来プロフィールは読者の検索意図ではないので、目的の記事を読んだ後に何となく見に来る方が多いです。


なので他の記事よりも圧倒的に離脱率が高くなってしまいます。プロフィールを読み進めてもらうためには初めが肝心です。


プロフィールは初めが肝心

プロフィールの初めで意識することは次の2つです。

視覚を重視する
インパクトを大きくする

1つずつ解説します。


視覚を重視する

画像を使って視覚を重視しましょう。


なぜなら、読む情報よりも見る情報の方が印象に残りやすく続きを読みたくなるからです。


面白い画像やどんな人物か気になるような画像がいいです。


インパクトを大きくする

プロフィールの初めでインパクトを大きくしましょう。


画像を使うのもそうですが、とにかく印象に残ってすぐに離脱されるのを防がないといけません。


例えば『20回連続で女性にフラれた男』、『腕立て1000回が日課の男』、『3年プータローを経て豪邸を建てた男』なんて書いてあると何だこいつってちょっと気になりませんか?


嘘を書いてはいけませんが、意外と他の人にはないような経験をしてるものなので、自分の中でそういったことがないか考えてみましょう。


読者を引きつけることが出来ても、記事を読み進めてもらえるだけでファンになってもらうことは出来ません。ファンになってもらうためには読者に共感してもらう必要があります。


共感が命

共感してもらうには、次の3つを意識しましょう。

多くの情報を出す
失敗談や苦労話
信念を伝える

1つずつ解説します。


多くの情報を出す

共感を得るにはとにかく多くの情報を出すのがオススメです。


なぜなら、人は共通の部分があればそれが些細なことであっても共感するからです。だから『こんな事を書いてもな~』と思ったとしても書いた方がいいです。


出身地でも血液型でも星座でも多くの情報を出すことで共感してもらいやすくなります。


失敗談や苦労話

どんな人生を歩んできたか、ブログを通して体験したことなどは失敗談や苦労話を書きましょう。


これは自慢話を聞かされても喜ぶ人はほとんどいないからです。


恥ずかしい体験や失敗から学んだことなどを書いた方が読者は親近感を持ってくれます。


信念を伝える

ブログを通して何をしたいのか、どんな人の役に立ちたいのかを伝えましょう。


あなたがブログを運営している理由ですね。これがはっきりしていないと読者は応援しようと思ってもらえません。


今はほとんど知られていないけれど、とても魅力的だから多くの人に魅力を伝えたいなどですね。


プロフィールが書けたら次に取ってもらう行動を忘れないようにしましょう。ただ読んでもらって終わりって言うパターンになると書いた意味が無くなってしまいます。


次の行動を忘れない

次の行動でオススメなのは次の2つです。

プロフィールカテゴリを作る
おすすめ記事リンクを作る

1つずつ解説します。


プロフィールカテゴリを作る

プロフィールも1つの記事で長々と書いてしまっては読者も疲れます。


数記事に分けてカテゴリを作り、最後に紹介してカテゴリ内を回ってもらうようにしましょう。


子供の頃の話やブログを書く前、書き始めてからなど自由に人生を区切って書くといいです。


おすすめ記事リンクを作る

もう1つはブログ内のオススメの記事や、自分の活動、SNSなどへのリンクです。


プロフィールでは筆者に対してファンになってもらえる可能性があるので、ブログテーマに限ったリンクでなくても見てくれる可能性が高いです。


まとめ

・プロフィールでファンを作る
・筆者を知ってもらう
・情報は多く出す
・自慢話は避ける
・オススメ記事へのリンクを作る

プロフィールを書く事で記事の繋がりだけで無く、人の繋がりが作ることが出来ます。


キーワードだけではなく、ブログ名や個人名で検索してもらえるようになり、とても多くの人に記事を読んでもらえるようになります。


是非、プロフィールを書いてみてください。


今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です