ブログ記事のクオリティは事前準備と書き方のルールで決まる

アイキャッチ

ジュニア君

記事が上手く書けない…
どうやって書いて行けばいいの?
 
こんな疑問に答えます。
 
 
この記事ではブログ記事の書き方がわかります。記事が上手く書けない、時間が掛かり過ぎて雑な文章になってしまう。
 
 
これらは記事構成が定まっておらず、毎回違った形を考えて書いているからです。
 
 
この記事を読めば記事構成や記事内容の決め方がわかるので、毎回ユーザーの求めている答えを分かりやすく伝えられるようになります。
 
 
収益を上げている多くのライターや、ブロガーの方々も実践している方法です。
 
 
私も記事構成を意識することで、早く書けて言いたいことを伝えられるようになりました。
 
 
執筆に時間が掛かり過ぎる方や、出来た記事を読み返すとよくわからない記事になっていると言う方には特におすすめのの記事となっています。
 
 

事前準備をする

アイキャッチ
事前準備は必須です。時間が勿体ないと思うかも知れませんが、準備した方が結果的に早く書けます。書く前に次の項目を準備しましょう。
 

・クエリ(キーワード)を意識する
・想定読者を決める
・ニーズを理解する
・ディスクリプションを決める
・タイトルを決める
 
1つずつ見ていきます。
 
 

クエリ(キーワード)を意識する

クエリとは『検索窓に打ち込む文字のこと』です。記事を書く前に月間検索数を調べておきましょう。
 
 
なぜなら、検索数が少なければ検索上位を取れたとしても記事にたどり着くユーザーが少ないからです。
 
 
せっかく書いた記事を無駄にしない為にも、必ず最初に確認してください。
 
 

想定読者を決める

次に想定読者を決めてください。検索するユーザーがどんな人物かを考えてみましょう。
 
 
想定読者を具体的にすることで、その人が必要としている情報をより詳しく伝えることが出来ます。
 
 
大勢に向けて話されても自分に言っている感覚がなければあまり話は聞こえて来ませんが、自分だけに話をされれば聞こえてくるものです。
 
 
教室が騒がしいと先生がしゃべってることがあまり聞こえないことがあります。でも自分の名前を呼ばれると聞き取れる、そんな経験ありませんか?あんなイメージです。
 
 
想定読者を決めて、その人だけに向けて記事を書きましょう。同じ悩みを抱えた人がたくさん居るので、結果的に多くの人へ届けられます。
 
 

ニーズを確認する

ニーズを確認するため、実際に検索してみましょう。
 
 
検索上位の記事がクエリに対してユーザーが求めている情報となるので、どんな情報が書かれているかをチェックしましょう。
 
 
広告を除く3つくらいの記事を読んでおけば、自分が書くべき内容や、競合の強さなどもわかります。
 
 

ディスクリプションを決める

ディスクリプションとは検索した時にタイトルの下に出る説明文のことです。
 
 
キーワードを含めて書いておくと、キーワードの部分が太文字で表示されます。
 
 
記事内容の全体が伝わるように書けば、読んでもらいやすくなります。全体像が決まっていればブレずに執筆出来ます。
 
 

タイトルを決める

タイトルはキーワードを含めて書いて行きましょう。内容がイメージしやすく、具体的な数字が入っていて自分でも出来そうと思えるタイトルにしましょう。
 
 
なぜなら、ユーザーはタイトルを見て記事を読むか決めるからです。
 
 
例えば、『痩せる トレーニング』で検索するとします。意識するのは次のようになります。
 

意識すること
・何を
・どのくらい
・どうなるか
・いつまでに
 

何を

腹筋を
 
 

どのくらい

1日2分
 
 

どうなるか

3キロ痩せる
 
 

いつまでに

2週間
 
 
タイトルは【1日2分!誰でも3キロ痩せられる簡単腹筋トレーニング2週間チャレンジ】のようなイメージになります。
 
 
1日2分の腹筋なら自分でも出来そう。2週間継続するだけで3キロ痩せるならやってみようかな。と感じてもらうことが狙いですね。
 
 
これが【努力次第で痩せられる!おすすめトレーニング】だったらどうでしょう?
 
 
同じ腹筋を紹介する記事だとしても何をするかもわからないし難しそうって思いませんか?これではユーザーの目に留まりません。
 
 
上記のことから、内容がイメージしやすく、具体的な数字が入っていて自分でも出来そうと思えるタイトルにしましょう。
 
 

記事の書き方を決める

アイキャッチ
事前準備が出来たら記事を書いていいのですが、記事の書き方を決めておきましょう。
 
 
ルールが決まっていれば、毎回同じように書ける上にユーザーも慣れて読みやすくなるため、記事の内容も伝わりやすくなります。
 
 
リピーターも獲得しやすいですね。決めるルールは次の通りです。
 

・記事構成を決める
・記事レイアウトを決める
・リード文で自分の立ち位置を説明する
・簡単な言葉を使う
 
1つずつ見ていきます。
 
 

記事構成を決める

おすすめの記事構成を紹介します。
 

記事構成
結論

理由

具体例

最後にもう一度結論で締める
 
初めに結論を言いましょう。ユーザーは役に立つと思わなければ記事から離脱します。初めに重要な事を言えば、読み進めてもらえる可能性が高まります。
 
 
そして、なぜそうなるのかの根拠を示しましょう。悩みの解決方法が有効である理由です。
 
 
理解を深める為に具体例を出して説明しましょう。ユーザーが理解しやすいように誰もが体験したことがある事やイメージしやすい内容で説明しましょう。
 
 
最後にもう一度、結論を言って締めましょう。
 
 
例えば、次のイメージです。
 
スポーツの基礎
【結論】
スポーツは基礎が大切です。

【理由】
なぜなら、全ての動きは基礎の応用だからです。

【具体例】
球技で走りながらボールをキャッチするには、キャッチとボールを見ながら走る動きが必要になります。基礎の動きが出来て、それを組み合わせる事で初めて成功します。

【もう一度結論で締める】
なので、スポーツで基礎練習は欠かせません。
 
上記のような記事構成で記事を書きましょう。
 
 

記事レイアウトを決める

記事レイアウトを決めておきましょう。記事レイアウトは個人の好みもある為、自分にあったレイアウトを考えましょう。
 
 
使うデザインテンプレートや使える機能によって、違いが大きいのでプレビューで確認しながら決めましょう。
 
 
軽く例を挙げると、
 

記事レイアウト
・H2の下にアイキャッチ画像を入れる
・H3の項目はボックスで先に提示
・比較記事はメリット、デメリットをボックスで分ける
・具体例は出来るだけ絵を入れる
・5行に1回は改行する
・箇条書き出来るものは箇条書きにする 等
 
書き方をルール化しておくと執筆が早くなり、ユーザーも読み慣れて記事を理解してくれやすくなるため、おすすめです。
 
 

リード文で自分の立ち位置を説明する

リード文とは記事の冒頭に書く文です。どんな悩みを解決するのか、解決方法は何かを書きましょう。
 
 
ディスクリプションの内容に近くなると思います。それに自分の立ち位置の説明を付け加えしましょう。
 
 
誰がどんな立場で何を話するのかを明確にしておくことでユーザーもどの目線で読むのか決まり、共感を得やすくなります。
 
 
専門家が初心者に話をするのか、中級者に話をするのかなどをユーザーに伝えましょう。
 
 

簡単な言葉を使う

出来るだけ簡単な言葉を使うようにしましょう。
 
 
ユーザーは悩みの解決策を求めているので、難しい専門用語ばかり使っても意味がわからなく離脱してしまいます。
 
 
出来るだけ簡単な言葉で説明するようにし、専門用語は説明文を入れましょう。
 
 

記事の見直しをする

アイキャッチ
記事を書き終えたら必ず見直しをしましょう。見直しのタイミングは次の通りです。
 

・書き終えたら誤字脱字をチェック
・翌日に見直し
・順位を見て見直し
 
1つずつ見ていきます。
 
 

書き終えたら誤字脱字をチェック

記事を書き終えたら誤字脱字をチェックしましょう。
 
 
書き終えてすぐは良いと思って書いているため、おかしな所にあまり気づけません。内容よりも誤字脱字が無いかをチェックしましょう。
 
 

翌日に見直し

1日経って気持ちがリセットされた状態で記事を見直しましょう。
 
 
伝わりにくい表現や内容の過不足をユーザー目線で読み返し、気になる所は修正していきましょう。
 
 

順位を見て見直し

サーチコンソールを利用して検索順位を確認しましょう。
 
 
上位表示されていれば、記事の内容や書き方に問題ないですが順位が低かった場合は見直しを行いましょう。
 
 
検索上位の記事や自分の上位表示出来ている記事と比較して、何が足りないのか、どうすればいいのかを考え実施していきましょう。
 
 
何もしなければ順位は低いままなので、トライ&エラーで上位表示を目指してください。
 
 

まとめ

アイキャッチ

・事前準備をする
・記事構成を決める
・書き方のルールを決める
・記事の見直しをする
 
いきなり記事を書こうと思っても時間が掛かってしまうので、事前準備をしっかりとして決まった形で記事を書くようにしましょう。
 
 
結果的に時短になります。
 
 
今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です